デザインを作成するソフトウェアについて

『TシャツくんJr.』は製版からプリントまでに必要な機材が一通り揃っています。後は一般家庭ならどこでもありそうなものだけです。例えばドライヤー、アイロン、新聞紙、水&容器、マスキングテープ(養生テープ)といったところです。なので自分で特別に用意しないといけないのはプリントするデザインですね。Tシャツも必要ですけど^_^;

ここでデザイン作成に使うソフトウェアの話をちょっとしておきますが、印刷業界ではAdobe(アドビ)社のイラストレータを使うのが当たり前、常識?のようなんですが、私はデザイナーとか印刷業界の人間じゃないので、こんな高価なソフトは持っていません。素人がはじめてプリント工場にTシャツプリントを依頼するとき、原稿の入稿はイラストレータファイルで入稿するように言われたら面食らって、ひいてしまいますよね。それで一般的な画像ファイル形式のJPEGで入稿したり、手書き入稿ってことになってしまい、完全版下作成料金をとられることに・・・。どうせ一部の機能しか使わないんだから素人向きにイラストレータの簡易版とかあればいいと思うんですがね。ぼやいていても仕方がないですね。それで今回は『Free Hand』というソフトウェアでデザイン原稿を作りました。この『Free Hand』ですが、嘗てマクロメディア社のStudioMSを購入したときについていたものですが、ほとんど使ったことがありませんでした。イラストレータと同類のドロー系なんですが、マイナーっていうか、本屋へ行っても解説書が皆無と言っていいほどで、使い方を自習するのに適さないと思えました。でも簡単なことなら、なんとかなるって感じです。