Tシャツプリント工場を見極める

インターネットで「Tシャツプリント」等のキーワードで検索してみるとわかりますが、Tシャツプリント工場のなかでもプリント手法への対応がいろいろです。シルク印刷専門の会社、シルク印刷と転写プリントが出来る会社、シルク印刷も転写プリントもインクジェットも出来る会社、インクジェットプリント専門の会社といろいろあります。Tシャツプリントに詳しい人なら今から自分が制作したいオリジナルTシャツのプリント法はどれが最適なのか判断できると思いますが、私がそうだったように素人なら直ぐにはわかりませんよね。例えば、色んなプリント法ができる会社で、しかも良心的な会社なら、あなたの注文に対して、用途や色数や制作枚数等から最適なプリント法を教えてくれて、あなたに損になるような提案はしてこないでしょう。一方、悪質とまでは言わないまでも、自社の利益追求に走る会社であれば、お客に知識がないことをいいことに、あなたにとってはマイナスな見積りを提示してくるかもしれません。数枚の単色刷プリントの制作依頼をしたところ、シルク印刷料金として版代とプリント代の見積りだった筈が、実は版を作らずインクジェットでプリントしていた!なんてことあり得ますよね、インクジェットではフルカラーで写真なんかのプリントが得意ですが、単色でのベタ塗りも、もちろん可能なわけですから・・・。シルク印刷とインクジェットによるプリントの差って、両方比較して初めてわかりますし、シルク印刷ひとつとっても、使うインクの種類とかで風合いや仕上がり具合が随分違ってきます。それよりも最初はどんなプリント方法があるのかもわからないのが普通で、プリント手法による仕上がりの違いがわからないのは当然のことと言えます。私も最初はそうで、調べていくうちに色んなプリントの種類があり、プリントによる仕上がりの違いもわかるようになって来ました。あるきっかけでオリジナルTシャツに興味を持つようになり、自分でオリジナルTシャツを作ってみようと思うようになるまで、自分が今まで買って着ていた市販のプリントTシャツがどんなプリント方法で作られているのか考えたこともなかったです。興味を持ち始めてからは、箪笥にしまってあるTシャツを引っ張り出してきて、「これはシルク印刷だな」とか「それは昇華プリントかな?」とか「これはシルクで発泡プリントか!」って感じで研究熱心になり、デパートへ行くとTシャツ売り場のプリントTシャツを触ってプリントの風合いをチェックしたりするようになり、今でも十分ではないですが以前よりは分かるようになってきました。 Tシャツプリント工場で作るオリジナルTシャツプリントのページではそんなこんなで、現在まで色々調べてみて私なりにわかったことを書いていますので、Tシャツプリント工場選びの参考にでもしていただければと思います。